読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえろぐ。偽の食欲labo

偽の食欲によって、身体がだるくなる。偽の食欲によって、疲れが取れない。偽の食欲を抑えて疲れにくい身体を手にしませんか?

 

「週末水だけ断食」で今週末の不摂生をリセットしませんか?

f:id:aechanman:20160212054953p:plain

 

今週も早いことでもう金曜日。

何も意識しないとほんまに早いですよね。

 

というわけで、このページに興味を持った「疲れない身体が欲しい」「甘いものをやめたい」と思うあなたに私から一つ提案が。

 

今週末は「週末水だけ断食」なんていかが?

 

目次

 

食べなくても意外と大丈夫

まず最初に知って欲しいのは、

あなたはあなたが思ってるほど食べなくても大丈夫ということです。

 

意外とね、大丈夫。

 

実際に私は今1日1食の生活を続けているんですが、何ら不調はありません。むしろ体調はめちゃくちゃいいです。今朝なんて3時に起きて玄関の掃除をしていたぐらい。

 

食べない効果を実感してください

「週末だ水だけ断食」をする理由。

それは、あなたの疲労の原因の1つは、偽の食欲による食べ過ぎだから。

 

私は以前にこんな記事を書きました。

(あ、今は読まなくていいですよ。)

 

aechanman.hatenablog.com

 

ざっと説明すると、あなたが「寝ても寝ても疲れが取れない」といった慢性疲労の原因って、偽の食欲に踊らされて食べ過ぎるからだよって記事。

 

けど、どれがほんまの食欲で、どれが偽の食欲かなんて分からないですよね。

 

だからまずは、食べないことでどれだけ体調が良くなるのか、どれだけ睡眠の質が上がるのかを実感してください。

 

断食は実績のある治療法

実は、「断食」ってれっきとした治療法なんですよ。

 

ロシアでは難病や精神疾患の治療に用いられていて、8000人のうち60~70%の人が回復したとの話があります。

 

プリヤート共和国にあるゴリアチンクス治療所では、15年間で約1万人の患者の3分の2が、絶食治療により糖尿病、喘息、高血圧、アレルギーといった症状を改善下との話があります。

 

ブリヤート共和国においては、国の保険で治療を受けられるほど。

 

やばくないですか?

国のお金でできるんですよ笑

 

それだけ効果はあるってことですよね。

 

レッツトライ!

じゃあ、「週末水だけ断食」の概要に入ります。

 

概要も何も、「週末水だけ断食」とはその名の通り、金曜の晩~月曜の朝の期間で断食を行うという手法です。

 

ほんまにシンプルでただ食べないだけ。

 

ただし、注意点が3つあります。

 

1つ目は、1日最低2Lの水を飲むこと。人間は食べなくても生きていけますが、水を飲まないと死にます。それに体内の毒素を排出し、循環を良くするためにも水は必要です。

 

飲む水も水道水ではなくミネラルウォーターを。できるなら浄水器を通してください。

 

2つ目は、月曜の朝は消化のいいものを食べること。断食明けの胃はかなりデリケートです。ここで消化に悪いものを食べるのは、ウォーミングアップなしでダッシュするようなもの。下手すりゃ大怪我ですよ。

 

ちなみに私の師匠はファスティング明けにビールを飲んで、失敗したそう。どこまでビールを愛しているのか...笑

 

3つ目は、身体に異変を起こり、それが1日以上続くのであればやめること。身体に異変が異変が起きているのは代謝がスムーズに行っていないサインです。1日以上続くのであれば、消化のいいものを食べて断食を解除してください。

 

以上が、「週末水だけ断食」の3つのポイントです。

 

おさらいすると、

水を飲む、月曜の朝は消化のいいものを食べる、異変を1日以上感じたら中止する。

 

もちろん最初は、なれない空腹感が辛いかもしれません。しかし、それも慣れれば心地よくなってきます^^

 

あなたも今から「週末水だけ断食」にトライして、ほんまのあなたの身体に出会ってみませんか?

 

まとめ

・あなたは食べなくても大丈夫

・あなたの疲れの原因のひとつは、偽の食欲に夜食べ過ぎ

・断食は実績のある治療法

・「週末水だけ断食」のポイントは、水を飲む、月曜の朝は消化のいいものを食べる、異変を1日以上感じるなら中止する

 

疲れの原因をちゃんと知りたいあなたは読んどいて。 

aechanman.hatenablog.com

 

「週末水だけ断食」はこちらの本で紹介されています。

食べるのを我慢できないのは、あなたの意志が弱いからではありません。

食べるのを我慢できないのは、あなたの意志が弱いからではありません。