読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえろぐ。偽の食欲labo

偽の食欲によって、身体がだるくなる。偽の食欲によって、疲れが取れない。偽の食欲を抑えて疲れにくい身体を手にしませんか?

 

受け取る=与える。あなたは身体の声を気持ちよく受け取ってますか?

 

f:id:aechanman:20160209103400p:plain

 

先日、めちゃくちゃ面白い話を聞きました。

 

「受け取る=与える」って話。

 

実は、受け取ることって与えることで、与えることって受け取ることだったんですね。

 

そしてこれはあなたの身体でも同じこと。

あなたは身体の声を気持ちよく受け取ってますか?

 

目次

 

とある定食屋の2つの会話

ある日、先輩のAさんと後輩のBさんグループと、先輩のCさんと後輩Dさんグループの定食屋での会話です。

 

ABグループ

A「今日は奢ってやるよ!」

B「え!?いやいや、そんなん悪いですよ。」

A「ええから、ええから。」

B「え、あ、じゃあこれで。(ほんまはもう少し高いのが食べたかったけど。)」

A「OK!(あ、気を使わせたな…)」

 

CDグループ

C「今日は奢ってやるよ!」

D「え!?まじすか!じゃあこれでお願いします!」

C「OK!」

D「ほんまにありがとうございます!(やべえ、ほんまに嬉しい!)」

C「ええよええよ(こんなに喜んでもらえて嬉しい!)」

 

どうですか?

 

ABグループの方は、なんだか気まずいですよね。

対するCDグループの方はめちゃくちゃ心地良さそう。

 

もちろん、これは、財布事情や二人の親密度にもよると思います。どっちが良くてどっちが悪いかという話ではないです。先輩側の所持金が少なければ、Bさんの対応の方がいいかもしれません。

 

あるのは、

「Aさんが奢ったことで、Bさんが食べたいものを食べれなかった」

「Cさんが奢ったことでDさんは食べたいものを食べた」

という2つの事実だけ。

 

感情が働くのは、あくまで彼らがそれぞれこの事実に意味づけしているからです。

 

けど、それでもCDグループの方が気持ちよくないですか?自分が奢る側だとC、Dグループのやり取りをしたいと思いませんか?

 

受け取る力

じゃあABグループとCDグループの差はなんだったのか。

 

それが、「気持ちよく受け取る力」です。

 

BさんはAさんの提案を気持ちよく受け取ることができませんでした。しかし、DさんはCさんの提案を気持ちよく受け取ることができた。

 

たったこれだけの差なんですね。

 

気持ちよく受け取ることは、与えてくれた人を喜ばせる力があります。つまり、気持ちよく「受け取ること」は相手に良い感情を「与えること」でもあるということ。

 

これが「受け取る=与える」って話です。

 

さ、長い前振りでしたが、「受け取る=与える」ということが分かったところで、本題に入ります。

 

あなたは身体の声を気持ちよく受け取ってますか?

 

「空腹=エネルギー切れ」は間違い

実は、「空腹=エネルギー切れ」というのは間違いなんです。

 

え?エネルギー切れじゃないのかって?

 

そうなんです、違ったんですよ。これを理解するためにまずは、あなたのエネルギーの仕組みを理解しなければなりません。

 

あなたのエネルギー源は大きく分けて2つあります。

 

1つは食べてすぐ使うもの。「疲れたら甘いもの」というように、主に糖分がこのエネルギーに使われます。

 

もう1つが溜め込んだもの。あなたの身体は1つ目のエネルギーで使わなかった分を身体に溜め込むことができ、それをいざというときに使います。いわゆる脂肪ってやつですね。ちなみに筋肉にも貯蔵されています。

 

つまり、食べてすぐ使うものが切れたときには、脂肪というエネルギーが働く構造になっているんですね。この溜め込んだエネルギーを使い切るなんてことはめったにありません。通常、食べなくても10日以上は生き続けることができます。

 

つまり、空腹とはエネルギーが切れたわけではなかったんです。

 

空腹とは内臓が休んでるサイン

じゃあ、空腹とはなんなのか。

実はこれ、胃が「これから休憩に入りまーす」ってサイン。

 

「お腹が空いた」と表現するように、お腹にある胃が空いた状態になるわけです。胃では消化に大体で3時間かかります。3時のおやつも、ちょうどお昼ご飯から3時間たったころに胃が空っぽになるから食べたくなるわけです。

 

しかし、あくまでも「お腹が空いた」だけであり、エネルギーが切れたわけではありません。ようやく胃があなたが食べたものを消化しきってくれただけです。

 

そしてその役目を終えた胃は休憩に入ります。

 

要するに空腹ってエネルギー切れではなく、胃が休憩しているサインということ。

 

身体の声を気持ちよく受け取る

空腹とは、エネルギー切れではなく、胃の休憩ということは分かっていただけたでしょうか?

 

なので、空腹を感じたときにその本当の意味を受け取らずに、「お腹が空いた!エネルギー切れる!食べなきゃやばい!」と勘違いしてまた食べちゃうと、胃が休まることなく働きづめになっちゃいます。

 

もっと言えば、腸は完全に消化しきるまでに15時間かかるので、一時たりとも休めず働き続けることとなるでしょう。

 

内臓を休ませないと身体には疲れが溜まっていくことに。

aechanman.hatenablog.com

 

じゃあどうしたらいいか?

「空腹」という身体からの声の本当の意味を知ったあなたなら、もうお分かりのはず。

 

「空腹を気持ちよく受け取る」

ただそれだけです。

 

できれば18時間食べないのが理想です。しかし、それが無理なら週に1回でもいいので、18時間食べない日を確保してあげてください。

 

一見長いように見えますが、夜の7時に食べたら、昼の1時まで空ければ18時間。朝食を白湯に置き換えるなど工夫すれば18時間なんてあっという間です。

 

あなたにとって、空腹を放置するのって、もしかしたら怖いことだったかもしれません。しかし、エネルギー切れではないのだとあなたはもう知っています。だったら、身体の声を気持ちよく受け取ってあげましょう。

 

そして何かを食べる代わりにこう声をかけてやりましょう。

 

「いつもありがとう。私は空腹を心地よく感じてるから、あなた(内臓)はしっかり休んでください。」

 

あなたが空腹を気持ちよく受け取ることができれば、胃腸も気持ちよく休むことができます。絶対に身体も喜んでくれますよ^^

 

あ、もちろん他人に聞かれると変なやつと思われるんで、気をつけてくださいね笑

 

まとめ

・受け取る=与える

・気持ちよく受け取ることは、与えた側も気持ちよくできる

・空腹は内臓を休めるというからだのサイン

・空腹を気持ちよく受け取って、身体に気持ちよく休憩してもらおう

 

今回参考にさせていただいた記事です。

よかったらあなたの意見も聞いてみたい。

ronix.hateblo.jp