読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえろぐ。偽の食欲labo

偽の食欲によって、身体がだるくなる。偽の食欲によって、疲れが取れない。偽の食欲を抑えて疲れにくい身体を手にしませんか?

 

甘いものがやめられないあなたへ。甘いものを食べ続ける2つのデメリット

f:id:aechanman:20160119165237p:plain

 

甘いものは好きですか?

 

この記事を開いたのですからきっとあなたは甘いものがたまらなく好きなんでしょう。しかし、やめたいとも思っている。

 

偽の食欲に踊らされるのはもう散々だと思っている。(どうしても間食に甘いものが食べたくなるのは偽の食欲の影響)

 

以前にやる気の出ない人に向けて、メリットとデメリットを明確にすればやる気出るよって記事を書きました。

aechanman.hatenablog.com

 

ということで今回はあなたが甘いものを食べ続けることのデメリット2つ紹介します。

 

 

目次

 

血糖値の急激な変化

甘いものを食べ続けるのデメリット1つ目。

 

人が空腹を感じる仕組みの中に血糖値の低下というものがあります。血糖値が下がるということはエネルギーが低下しているということなので、エネルギーを補給しようとするためです。

 

で、効率よく補給できるのが糖。疲れたら甘いものってやつですね。

 

しかし気をつけなければならないことがあります。吸収されやす過ぎる糖を取ると、反対に血糖値が下がってしまうんです。

 

もちろん、1回は上がるんですよ。しかし急上昇過ぎて身体が血糖値を抑えようとしてしまいます。その結果、血糖値は急降下。で、また食べたくなり血糖値が急上昇と急降下を繰り返す。血糖値が安定しなくなると精神的も安定しません。

mindedbody.blog108.fc2.com

低血糖に陥って脳のエネルギーが不足してしまうと、脳は活動を停止しようとします。
 眠気や意識の低下、脱力感・疲労感・倦怠感、空腹感・飢餓感などの症状が出てきます。
 また、漠然とした不安感や無気力感などのメンタル症状も引き起こします。

 低血糖による心身の症状は、「うつ」 や 「慢性疲労症候群」 と間違われることがあります。
 →カテゴリ:「うつ状態・うつ病」

 低血糖は命に関わる危険な状態なので、身体は必死で血糖値を上げようとします。
 生命の危機を回避するため、血糖値を上昇させるホルモンや交感神経が異常興奮します。
 血糖上昇ホルモン・交感神経が異常興奮すると、心身は戦闘モードに切り替わります。
 →記事:「自律神経のはたらき ~活動の交感神経&休息の副交感神経~」

 戦闘モードでは、動悸・頻脈・冷感、振戦・痙攣、発汗、呼吸困難などの症状が出てきます。
 暴力や奇声を発するなどの問題行動や、幻覚・幻聴などのメンタル症状も引き起こされます。

心と身体のツボ 血糖値の乱高下とメンタル症状・身体症状 ~低血糖症と自律神経~

 

精神的に不安定なのは甘いもののせいかもしれませんね。

 

糖化

デメリットの2つ目が糖化です。

糖化とは、身体の中でタンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が変性、劣化してAGEs(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成する反応をいいます。
この老化物質AGEsは分解されにくく、そのAGEsの蓄積は肌や髪、骨など全身の老化を進行させ、さらに体調不良や様々な病気(糖尿病、高血圧、がん等々)の温床にもなります。

糖化のメカニズムと抗糖化|東京シナジークリニックが提供する糖化対策

 

過剰な糖は身体を老けやすくするってこと。

 

老けやすいって言ってもただ、見た目が老けるだけじゃないですよ。もちろんそういった変化もありますが、身体の作りそのものが老けていくので糖尿病や高血圧、がんなども引き起こします。

 

「いやいや、そんな糖取ってませんよ」

って思うかもしれません。

 

そんなあなたはこれを読みましょう。

news.mynavi.jp

一日の食生活で摂取している糖質量を調査したところ、基準値(男性250g/女性200g)に対し、実際に摂取している糖質の総量の平均は男性309gで、角砂糖約15個分が過剰であることがわかった。女性は332gで、角砂糖約33個分を余分に摂取している。

糖質摂取量、女性は一日に角砂糖約33個分も過剰摂取していることが判明 | マイナビニュース

 

ちなみに1日の理想は角砂糖5個で、15個がデッドラインです。

 

血糖値の上昇を表すGI値

「精神的不安定」

「身体の老化促進」

 

これが甘いものを取り続けるデメリット。

 

とはいっても、

「糖って怖い!完全に断たねば!」

っていうのは極論過ぎます。

 

糖の補給ってかなり大切なんです。あなたが活動するエネルギー源ですから。

 

じゃあ何を食べれば良いのかというと、その指標になるのがGI値。

 GIはグリセミック・インデックスを略したもの。日本語では血糖指数と訳されています。

右のグラフが示すように、GI値は、ある食品を摂取したときの血糖値のあがりかたを数値化したものです。ブドウ糖の数値を100とした相対評価となっています。

GI(Glycemic Index)|通販なら紀ノ国屋の e-shop KINOKUNIYA 

 

右のグラフとはこのグラフのこと。

f:id:aechanman:20160119153750p:plain

GI(Glycemic Index)|通販なら紀ノ国屋の e-shop KINOKUNIYA

 

要は、血糖値の上がり方を食品別に表してくれているものです。

 

表は「GI値 表」と調べたらいろいろ出てきます。その一部を拝借。

f:id:aechanman:20160119151918p:plain

f:id:aechanman:20160119152001p:plain

 

基準が60という数字で60を越えるものは血糖値を急上昇させると考えられています。

 

できるだけGI値の低いものを選びましょう。

 

しかしGI値はあくまでも血糖値の上がり方を示したもの。GI値が低いからって食べ過ぎてもいいわけではないのでご注意を。

 

とは言いつつも

とは言いつつもGI値が高い食べ物を食べるなって言うのはきついですよね。私も和菓子大好きなのであんこNGとか楽しみが奪われた気分になりますもん。

 

だから食べてしまっていいと思います。

 

ただ、知っておくことが大切。

 

「これを食べると血糖値が急上昇する」

と知っておけば血糖値が急上昇しないように対策も立てれます。

 

甘いものを食べるなら空腹のときは避けて食後にするとか。 GI値の高い食事はGI値の低いものと一緒にとるとか。

 

なによりもあなたの身体を作る食べ物を、あなた自身がコントロールできるというのは、あなたが自分の人生を生きていくうえで欠かせない1つの要素だと思いませんか。

 

ぜひ、あなた自身で選んでください。

 

ただし、知ったからって何も考えず甘いものを食べ続けていると、2つのデメリット「精神的不安定」、「老化の促進」によってあなたの身体を蝕むことは忘れてはいけませんよ。

 

まとめ

・空腹時に甘いものばかり食べてると血糖値が安定しなくなる

・血糖値が安定しないと精神的に不安定に

・糖の取りすぎは老化を招き、様々な病気の元に

・食品を選ぶときはGI値の低いものを選ぶようにしましょう

・固いルールに縛られるよりも選ぶことができるということが大事

 

甘いものを食べ続けることのデメリットを認識できたあなたはぜひこの記事とあわせて読んでください。

aechanman.hatenablog.com