はちみつ王子の体質改善.com

幸せの一つの条件は健康であること。そんな想いの元、「疲れやすい体、疲れが取れない体」を「疲れ知らずの体、疲れない体」にするための見解を発信します。

 

糖質制限するのに必要なのは残す勇気ではない

 

f:id:aechanman:20151223053526p:plain

 

「まだ東京で消耗してるの?」

というブログで有名なイケハヤさん。

 

自然だとかオーガニックだとか

大好物な私にとっては

なかなかうらやましい生活をされています。

 

そのイケハヤさんが以前書いていた記事が

思うところがあったので言及してみようと思う。

 

目次

 

問題の記事

問題の記事がこちら。

www.ikedahayato.com

 

糖質制限を行ってる人たちが

店で出された白米を残すことに対して

イケハヤさんが怒っているという話。

 

わかる!わかるぞ!お百姓さんたちががんばって作っているお米を、なんだと思っているんだほんと!高知の米はうまいんだぞ!残すなんてありえん!

いい大人が白米を残しているのを見ると、こっちのメシまでマズくなるから不思議。東京はいちいち消耗する街ですよ、ほんと。

「糖質制限」とか言ってるおっさんたち、外食で「白米だけ残す」なんてありえないでしょ。大人として。 : まだ東京で消耗してるの?

 

うんうん。

その辺は大賛成なわけですよ。

 

私のじいちゃんが米作ってるので

私も米を残すとかタブーだったわけですよ。

 

もう、白米食べ終えた後の茶碗が汚い人は

とにかく嫌いだったぐらい。

 

かといって食べすぎも反対

出されたものは美味しく食べ切る。

 

それには大賛成な半面、

過食は良くないと思ってる

わけなんですね。

 

というかマジで良くない。

 

特に精製した白米は糖質の塊で

食べ過ぎるとなかなか悪影響があると

言われてもいます。

 

だから糖質制限と言って

白米を食べる量を減らすことにも

大賛成なわけなんですよ。

 

食べない選択も勇気ある決断

ここでまたイケハヤさんのブログから引用。

 『残したらもったいない』と思いながら、僕たちは結構残しています。もちろん、命を頂いているわけですから極力残さない方が良いのは分ります。でも、ダイエット中くらい残しても罰は当たらないでしょう。きっと。また、その論理なら『汁ももったいない』ですからね。

汁を残してもいいのなら、麺も残しても良いのです。発想を変えてみましょう。

もちろん、麺類だけの話ではありません。

ご飯を半分残しても良いですし、付け合わせのキャベツの千切りを残すなら、メインのトンカツを残しても良いのです。

ダイエット中くらいは、ちょっと発想を変えて『残す努力』をしてみてはいかがでしょうか。

ダイエットの秘訣は発想の転換にあった!外食でご飯を残す勇気!

いやー、だめでしょw ダイエット中だからといって、外食でご飯残すとかありえない。普通にダメ。アレルギーがあるとか宗教的な理由ならわかりますが、残すんだったら最初から注文するなよ、と。お残しはゆるしまへんで!

「糖質制限」とか言ってるおっさんたち、外食で「白米だけ残す」なんてありえないでしょ。大人として。 : まだ東京で消耗してるの?

 

この「残すんだったら最初から注文するなよ」

ってのは極論過ぎると思うんですね。

 

だって食べたいなら

注文するしかないじゃないですか。

 

きっとどこぞの牛丼屋みたいに

サイズも豊富にないだろうし

食べたいもの注文するのは仕方がない。

 

それに「ご飯を残すのはタブー」という

思い込みから抜け出して

残すことを許すのは立派だと思います。

 

自分の身体のためを思ってタブーを破る。

 

これって相当勇気ある決断ですよ。

 

残す努力するぐらいなら減らしてもらう努力をしろ

けどね、そんなご飯を残す努力を

してる人たちに一言申し上げたい。

 

そんな努力できるなら

量を減らしてもらう努力しろよ。

 

いやね、自分の中のタブーを犯す

っていう相当な努力ができるわけですよ。

勇気があるわけですよ。

 

それなら本来無いサイズを頼む努力とか

白米だけ抜いてもらう努力とかせえよ。

 

ちょっと注文するときに

「糖質制限してるんでご飯少なめでお願いします」

って一言があればいいんですよ。

 

店側だって同じ料金で少なめにする

ぐらいなら快く承諾してくれるはずです。

 

少ない量に同じ料金を払うのが嫌?

 

そんなあなたは

量という表面上の物に囚われずに

その食事の価値を見てください。

 

ご飯が少な目で健康的な食事と

ご飯が大盛りで間違いなく太る食事。

 

どっちが価値ある食事かは明白です。

 

まとめ

言いたいことをまとめると、

・白米残すのは大反対

・糖質制限するのは大賛成

・食べたいもの食べるのも大賛成

・残す努力するなら減らしてもらう努力を

 

こんな感じっす!

 

ほんまに食べれることって

幸せなことです。

 

農家も飲食店も食べる人も見る人も

みんなが幸せになれる。

 

そんな食生活を送りませんか?