はちみつ王子の体質改善.com

幸せの一つの条件は健康であること。そんな想いの元、「疲れやすい体、疲れが取れない体」を「疲れ知らずの体、疲れない体」にするための見解を発信します。

 

行動するのに論理的な理由なんか要らないって話

 

http://cdn.mogile.archive.st-hatena.com/v1/image/aechanman/302446499998981332.jpg

行動したいけど行動出来ない。

 

そんなことってよくありますよね。

 

今回は私の考える行動できない理由と

その改善方法をまとめました。

 

目次

 

あなたが行動できないのは理由を探してしまうから

今の世の中、というかいつでも

人に説明するときには

理由を求められることがよくあります。

 

「なんで?なんで?」と。

 

なぜそれをするのか。

もちろんこれを考えるのって重要です。

 

常識を疑うきっかけになります。

物事には必ず理由がありますから。

 

けど、この「理由」にとらわれてると

新しい行動に移しにくくなっちゃうんです。

 

なぜなら

「行動するには人に説明できる理由が要る」

という思い込みを作ってしまうから。

 

しなくて良い理由なんて山ほどある

「何となく良いと思った」

これって一見理由に見えないですよね。

 

何の論理性もないんですから

とても他人に言われては納得できない理由。

 

他人に言われて納得できないんだから

自分でも腑に落ちない。

 

「気のせいかもしれない」

「単なる思い過ごしだ」

「騙されているだけ」

 

こんな風にしない理由を見つけて

自分の行動を阻止してしまします。

 

そもそも「行動しなくて良い理由」

なんてものは山ほどあります。

 

この日本にいれば餓死することなんてないし

生命の危機に晒されることなんて稀です。

(この先どうなるか知りませんが。)

 

わざわざ新しいところへ

飛び込む必要もないわけです。

 

それよりも行動することで発生する

リスクを避けることの方が優先されます。

 

そして恐ろしいことに

理由を考えれば考えるほど

しなくていい方の理由が湧いて出るわけです。

 

「何となく」は立派な理由

もっかい戻ります。

 

あなたが感じた

「何となく良いと思った」という感覚。

いわば直感。

 

実はこれ立派な論理的理由なんです。

 

なぜなら直感とは

これまでの経験というデータに裏付けられた論理的な意思決定

だからです。

 

ちょっと待てと。

直感が論理的って意味わからんわ。

 

そう思いますよね。

 

けど、この記事を読んでみてください。

直感の能力を検証したものです。

tabi-labo.com

実験では、ペアになった数字が次々に左右のスクリーンへと表示され、素早く切り替わっていきました。参加者は、どちらの画面に表示された数の平均値が高かったのかを回答していきました。

このテストでは毎秒最大4組の数字が表示されていくため、先に進めば進むほど計算は困難になります。が、表示数が6組の場合の正解率が65%だったことに対して、24組の場合、正解率は90%まで上昇。より直感を頼らざるを得ない状況になっているはずなのに、一体どうしてなのでしょうか。

Daily Mailには、研究をリードするUsher教授のコメントが掲載されています。

「人間の脳はとてつもない量の情報を記憶しており、それを踏まえた上で直感的に決断の価値を判断している」

この意見と同様に、神経学者のEric Haseltine氏は人間の脳の判断能力の高さについて強調。人はこの直感力のことを”第六感”と呼んでいるのではないか、と彼はPsychology Todayに書いています。

 

要は

直感はデータの積み重ね

ということ。

 

あなたが感じた「何となく」は

これまでの経験というデータから導き出した

極めて論理的な答えだったわけです。

 

決して気のせいや

思い過ごしではありません。

 

行動するのに誰かの許可なんか必要ない

この直感のネックは

その論理性を言語化できないところ。

 

けどね、そもそもあなたが行動するのに

他人の許可なんか必要ないんですよ。

 

だってあなたの人生やもん。

 

自分さえ納得できれば

それで良いんです。

 

そして必要なら行動してから

「理由」を見つめ返しましょう。

 

「あー、俺ってこれが欲しかったんやな」

って感じで簡単に出てきます。

 

理由なんか考える前に動く

師匠に「行動したいけど出来ない理由」を

教わっているときに

こんな言葉を教えてくれました。

 

それは「知覚動考」

知って、覚えて、動いて、考える。

 

もともとは仏教の言葉らしいです。

 

考えんのなんて後々。

 

とにかく直感に従って

どんどん動いちゃいましょ!

 

ちなみに動くとめっちゃくちゃ楽しいですよw