読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえろぐ。偽の食欲labo

偽の食欲によって、身体がだるくなる。偽の食欲によって、疲れが取れない。偽の食欲を抑えて疲れにくい身体を手にしませんか?

 

痩せるため運動している人へ悲報!食べるタイミングを変えるだけで体形は変わる

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aechanman/20151124/20151124100833.png

痩せる体質を手に入れようシリーズ第3弾!(初めて言いましたが笑)

 

前のやつはこちら。

aechanman.hatenablog.com

 

aechanman.hatenablog.com

 

今回も太りやすい体質と別れを告げ、痩せやすい体質になる方法をまとめます。

 

目次

 

中性脂肪をブロックするFIAF

f:id:aechanman:20151124100833p:plain

脂肪を蓄えるのを妨げるFIAF。FIAFとは絶食誘導脂肪因子というたんぱく質の一種です。(FIFAじゃないっすよ)

 

このFIAFはリポ蛋白リパーゼという酵素の働きを阻害することができます。

 

リポ蛋白リパーゼとは

plaza.rakuten.co.jp

 

リポ蛋白リパーゼ
◎存在場所:リポ蛋白リパーゼ(LPL)は、脂肪組織などで合成・分泌され、毛細血管の血管内皮細胞表面(脂肪細胞外)に存在します。
◎細胞外での主な役割:リポ蛋白リパーゼ(LPL)は、細胞外で、血液中の中性脂肪を、遊離脂肪酸とグリセロールに分解し、細胞内(脂肪細胞内など)に遊離脂肪酸を取り込ませます。(LPLは、脂肪細胞の中性脂肪貯蔵を促進させます)。

リポ蛋白リパーゼとホルモン感受性リパーゼ | Dr.須藤明治の健康ひとくちメモ - 楽天ブログ

 

つまりはリポ蛋白リパーゼは中性脂肪を蓄える働きがあるということ。FIAFは濃度が高ければ高いほどこの働きを抑えることができます。

 

そしてこのFIAFが増えるのは腸内細菌がでんぷんや糖に飢えたときです。1日に食べない時間帯を作ることで、中性脂肪の付きにくい状態に持って行くことができます。

 

脂肪を燃やすケトーシス

matome.naver.jp

 

日本でも有名になったケトン式ダイエットのやつです。

 

ケトーシスとは体内にケトン体が多くなっている状態のこと。糖が身体に無い状態になると、脂肪をグリセロールへと転換することでエネルギーにします。

 

この脂肪を転換するときに出てくるのがケトン体。要はこのケトン体が多ければ多いほど脂肪を燃やしているということです。

 

ケトン体がすごいんじゃなくて、あくまでも脂肪を燃焼している指数であることがみそですよ^^

 

ただし、ケトーシスの状態が続きすぎると、便秘、低体温、口臭、副腎疲労などなど様々な問題が出てくるから注意が必要。

xn--fdkc8h2a2763ftnyatmb.com

 

FIAFを増やし、ケトーシスにも出入りできる半日断食

半日断食とはその名の通り半日断食すること。

 

ケトーシス状態への出入りを可能にするもので、ケトーシスの良いとこ取りができる食事法です。さらに中性脂肪の吸収を抑えるFIAFも増やすことができます。

 

その手法とは18時間の断食!

 

はい?

f:id:aechanman:20151124103138j:image

 

18時間?

そう、18時間。

 

「いやいや、無理やん!」

と思うじゃないですか。

 

けど、考えてみれば簡単なんです。

 

夜の19時に食べて、13時まで食べなければいいんです。わりと寝る時間を考えると18時間ってあっという間。

 

こんな感じで朝食を抜くだけで脂肪を燃やすことができます。

matome.naver.jp

 

そもそも人間は1日2食が身体に合っているという話もありますので、過食への予防にもつながるかも。

  

本日のまとめ

・FIAFは中性脂肪が吸収されるのを防ぐ

・ケトーシスに入ると脂肪を燃焼できる

・2つの状態に入るには断食が効果的

 

もちろん運動は良い汗かくし、身体にとってめっちゃ重要。

 

けど、痩せることが1番の目的なら、周りに振り回されて走るよりも食事のタイミング変えてみませんか?

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事